ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去ってしまいました。

日々の寒暖差が激しいですね。先日、TVで寒暖差アレルギーについて触れていました。

寒暖差の激しい時期に気温の温度差によって体調を崩すとの事でした。
寒暖差が3~5℃で「喘息」、7℃で「鼻炎」、10℃以上になると
ヒートショックによる「心筋梗塞」の危険があるそうです。

寒暖差アレルギーは、自律神経のバランスが関係しており、自律神経は温度差に大きく影響される
為、体温調節が苦手な人は、注意が必要との事。冷え症や脚のむくみがある人は、
血流を促して自律神経のバランスを整える対策をとるようにしましょう!
mef-16_s[1]

4月19日プライムケア東京の高橋様を講師に迎え、
調整が簡単新モジュール車いす「MEF-22/16」の
社内勉強会を行いました。

6角レンチ(5mm)1本で、フットサポート、
座面高(クッション込 43・45・47)、
シート幅(40・42・44)の調整が可能です。

タイヤはハイポリマーのノーパンクタイヤで、
スライド延長ブレーキ採用です。

・足こぎするので、座面を低くしたい。
・クッション変えたら、座面高が合わなくなった。
・肘掛けの高さが合わなくなって、姿勢が悪くなった。
・太ってしまったり、厚着をしてシート幅がきつくなった。
上記のような状態の変化で車いすを変えなくても、短時間で調整できる便利な車イスでした。

mef-16_b[1]