7/19(金)に、社内の勉強会をいたしました。

 

株式会社日本ケアサプライさんをお招きして、

冷凍の高齢者向け弁当、「バランス弁当」の試食会です。

用具のスタッフだけではなく、ケアマネさんやヘルパーさんも招いて合同です。

 

普通の食事である、「ふつう食」タイプ・42種。

噛む力が減少した方向けの「やわらか食」タイプ・18種。

飲み込みが大変になった方向けの「ムース食」タイプ・18種。

以上、3タイプで78種類のバリエーションがあります。

今回はその中で9種類をお試ししました。

みんなで試食です。

 

 

 

 

 

 

 

ふつう食

 

 

 

 

 

やわらか食

 

 

 

 

 

ムース食

 

 

 

 

 

高齢者向けということで食塩分が抑えられている中で、

結構しっかりと個別の味がする、というのが参加者共通の感想でした。

いわゆる介護食というのは味がぼやけていたり、

食べた感が弱かったりするという印象が強かったんですよね。

そのあたり、こだわって開発をされているそうです。

特にムース食が好評。

自宅でムース食やミキサー食を作る手間を考えると、費用対効果は高いように思いました。