国際福祉機器展が開催され、見学してまいりました。

今年は例年に増して、新機軸の品が出ていたように思います。

リクライニングの動作を電動で行える車いす。

車いすのフィットに特化した各種バッグ類。

工事の必要ない、レンタルのできる屋外手すりは最近のトレンドです。

 

いままでなかった視点からのアプローチで開発されたもの。

従来品でも、機能がアップされたり追加されていたり。

 

メーカーさんのブースごとに詳しく話を伺ってきました。

おかげで、時間配分を失敗して、最後のほうが駆け足になってしまいました・・。

 

まだ開発中のものも多く、すぐには提案に結び付けられないこともあります。

それでも、これからの業務の糧になってくれるかな、と思います。