少し蒸し暑くなってきました、とは言えず。今年は比較的涼しい日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、暑くなってくると出てくるのは汗や台風ばかりではありません。屋外では蚊、屋内でもノミやゴキブリが段々と活発に活動する時期でもあります。おそらく、多くの方はできる事なら見たくもないし会いたくもないと考えておられる事でしょう。

そういった虫除けには虫除けスプレーを使うのが効果的ですが、あまり効果がなかったり、肌が荒れるから使うことができないという声もよく耳にします。ところが、比較的肌への刺激が少なく、なおかつ効果も高く値段も比較的安価な品があります。

それが「ハッカ油」です。

img01

(版権元:健栄製薬)

ドラッグストア等で800~1000円位の値段で売られているこちらのハッカ油は虫除けに非常に効果的として近年、話題になっている品です。水で薄めて肌に塗れば屋外でも蚊が近寄って来なくなり、水で薄めて霧吹きで網戸や窓にかければ虫が寄って来なくなり、ゴキブリが好みそうな薄暗い場所に吹きかければ、ゴキブリはその部分を避けて通るのだとか。痒み止めとしても効果的なんだそうです。

また、脱脂綿に原液を数滴垂らして、布袋に入れて「匂い袋」にすれば衣服につく害虫予防にもなる上に、衣類は爽やかな香りで包まれるのだとか。まだ寒さが抜け切らないとはいえ、そろそろ冬物を仕舞わなければならない時期。虫食いに悩まされている方は、このハッカ油を使ってみるのもいいかもしれません。

ただ注意点として、上記でもちらっと触れましたが、刺激が強いので虫除けやかゆみ止めなどの目的で肌に使う際にはそのまま使わず、水などで薄めてから使用するようにしてくださいとの事です。

また、水で薄めるのが面倒という方には、スプレータイプもある(上の画像→)のでご参照ください。

 

さて、最後に6月の練馬ディスプレイをご紹介させて頂きたいと思います。

H30年6月

きれいなアジサイと水色の布の組み合わせが、涼しげでとてもお洒落ですね。写真を撮った日は生憎の天気でしたが、天気の良い日はキラキラと太陽の光を反射して写真よりも綺麗なので、近くにお寄りしましたら是非、ご覧になってください。