一時、涼しい時もありましたが、また暑くなってきましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 さて、日本の夏は気温が高いだけではなく湿度も高い事は有名ですが、オリンピックの際に海外から来た多くの選手も「日本の夏は暑い」と口を揃えて言う程でした。以前にも、アフリカから来た方が「自分達の国より暑い」と言っていたのが話題になっていましたね。

 ここまで蒸し暑いと、日陰にしたり水を飲むくらいでは暑さは和らぎません。特に室内はこの時期は虫が入らないように締め切る家も多く、外以上に湿度が高くなりがちです。
 以前の記事にも書きましたが、外よりも室内の方が熱中症になる方が多く、また日中で人の目がある外と違って、発見が遅れて重傷化するケースも多々あるそうです。

 これを防ぐベストな方法は、やはり冷房。26~28度設定にするだけでも、熱中症のリスクは大幅に落ちます。また、エアコンは暑い部屋を涼しくしようとする時に大量の電力を消費しますが、部屋の涼しさを維持しようとする電力はそこまでかかりません。なので、エアコンはつけっ放しでも意外と電気代はかからないそうです。

 熱中症によってかかる何万円という入院費を考えれば、ほんの数千円でそれを防げるなら、エアコンをつけっ放しにした方がかえって安いのかもしれませんね。
 まだまだ暑い日は続きそうですが、冷房を上手に使って一緒に乗り切っていきましょう!