久々のブログになりまして申し訳ございません。

今年は例年よりも梅雨が早く明けると天気予報でよく耳にはしましたが、何だかんだで7月末の梅雨明けとなりました。ようやく夏本番!!と思いきや、雨や突然の雷雨等が続いております。大泉学園駅そばで昨日写真を撮ってみたのですが・・・。

写真①【北側は快晴】

 大泉の晴空

写真②【東の方は厚い雲】

大泉の曇り空

毎日傘が欠かせない日が続いておりますが、予報では今日で一端この不安定な天気は落ち着くとは言っておりましたが、果たしてその通りに本当なればいいのですが・・・。

さて少し前の話になりますが、7月31日(日)大泉勤労福祉会館にて【練馬区在宅療養推進事業・第1回小規模在宅療養講演会大泉地区】にパネリストとして参加して参りました。

講演会の目的には大きく2つあり

①区民が在宅療養についての理解を深めることで、在宅療養が入院・通院と並ぶ選択肢の1つとして広く普及するように、また、一人ひとりが人生の最期をどのように迎えたいか等について考えるきっかけとしてもらう。

②区内4地区で書く地域の在宅医の役割や在宅療養を支える地域資源等を伝えることで、在宅療養をより身近に感じてもらう。

パネリストには、大泉地域の【居宅支援事業所・通所介護事業所・訪問入浴・訪問リハビリ・訪問看護】の事業所の方々も参加され、それぞれのサービス内容やご利用方法、また、ご利用料金等について説明を行いました。講演会の最期に質疑の時間があり、個別対応をさせて頂いた事でパネルディスカッション時に質問出来なかった方々に対しお伝えする事が出来少しでもお役に立てて良かったと思っております。

在宅療養チラシ

余談になりますが、講演会冒頭練馬区地域医療課長様より区内状況について直近のデーターに基づきお話があり、練馬区の高齢化率については21.6%と前年比で+0.2%となったそうです。また、日本の中で一番高齢化率が高い都道府県は、秋田県で33.6%だそうです。

 次回も大泉営業所のブログをお楽しみに☆