11月に入りましたが寒さ厳しい日もあれば、秋の様な陽気が戻ったりと寒暖差も激しく体調崩されている方が多いのでないかと感じます。筆者は、ここ数年冬場に体調を崩す事が続いていた為、10月末早々にインフルエンザの予防接種を打ちました。注射と採血はやはり大人になっても嫌なものです・・・

さて、昨日弊社本社にて『第4回まちゼミねりま』の講師として参加して参りました。みなさんご存知の方が多いかもしれませんが、商店主が講師となり、専門店ならではの知識を教える、少人数のゼミナールとなっております。平成28年11月1日~30日(火)で開催されております。

%e3%81%be%e3%81%a1%e3%82%bc%e3%83%9f%e3%81%ad%e3%82%8a%e3%81%be

そもそも『まちぜみ』の発祥は、愛知県岡崎市が発祥だそうです。伝道師・松井洋一郎氏が地元商店会の店舗の減少。街の衰退に危機をいだき、お店の中に来てもらう仕組みづくりとして『まちゼミ』を発案されたそうです。

ポイントは「お店と街のファンづくり」、「店主が講師になる」、「受講料は原則無料」、「販売はしない」、「仲間との出会いの場」。お客様、お店、地域・・・の三方よし!個店とお客様の信頼関係を築くための効果が高い事業として、全国に広がっているそうです。

さて、昨日のゼミのテーマは【介護と食事】という事で以下の資料を基に、介護保険の申請~利用迄、サービスの形態、高齢期における食事について、株式会社クリニコ様にご協力頂き介護食の試食を行いました。もう少し介護保険制度全般についてわかりやすくご説明出来れば良かったな~と筆者自身反省しておりますが、今回の反省を踏まえ日々の業務の中で実践して行きたいと思います!!

%e3%81%be%e3%81%a1%e3%82%bc%e3%83%9f%e8%b3%87%e6%96%99