暑い日差しが肌に刺さるような日曜日
6月26日(日)八千代市市民会館にて訪問介護員全体研修(千葉)が行われました。

ケアサービス伊東では隔月で行う技術研修とは別に年1回職員向けの全体研修を行っています。
主に当社の基本理念・基本方針の再確認や在宅サービスを行う上での注意点・遵守すべき点を理解し、
技術研修を通して日々のお仕事で生じる不安や疑問を解消して頂くことを等を目的としています。

<午前の部>
経営理念・経営方針に関する説明・再確認や         ~社長より挨拶・経営理念について~
八千代市の現状社長挨拶(介護保険について)
訪問介護員の心得、訪問時の注意点や

禁止事項の再確認、感染症に関する案内など。
【表彰】社長賞、所長賞、援助別表彰
表彰の皆様、おめでとうございます!!

<昼食>
今年度は、ライフデリ八千代店様へ宅配弁当を
お願い致しました。宅食をご利用されている方が
どのようなお食事を召し上がっていらっしゃるか
という体験も込めて、ヘルパーさん同士交流を
深めつつの昼食となりました。           

<午後の部>
身体介護の技術向上【気づき・オムツ交換】 講師:株式会社華輪(かりん) 代表取締役島田晴美様
ご利用者様のちいさな変化に気づくという観点で午後講義1
私たちの日常にある「気づかないこと」を改めて
知る良い機会となりました。
生活の中で多く目にしている物をどれだけ
記憶しているか。
グループディスカッションを行い、コンビニの
看板や硬貨の特徴を記憶を辿り挙げてゆきましたが
文字や模様、色など改めて答え合わせを行うと
「こんなにも覚えていないものか…」と驚きを
覚えました。
本題の”ご利用者様の変化”へ置き換えてみると
どうでしょう。訪問時、何気なく挨拶を交わして
いるだけでは通り過ぎてしまう小さな変化がある午後講義2
かも知れません。
「ご利用者様とのご挨拶から
じっくり10秒眺めて
みる気持ちが大切。」
「なんだか元気がないな。顔色がいつもと少し
違うな。会話が上手く出来ていないな。など
小さな変化に私たちが気づくことで
結果的に大きな
気づきとして
チームケア(医療・介護連携)へも繋げることが
出来るかも知れません。」

と島田様はお話をされていました。

午後講義3

また、華輪のサービス提供責任者、川上様より
行って頂きましたオムツ交換の講義も
「介助される側が不安を感じない楽な姿勢で、
かつ介助する側が腰などを傷めないよう身を
守りながら行う方法」
として非常に丁寧に実践して頂きました。

経験談を交えつつ、身近な例を挙げて頂くことで
私たちが想像しやすく、より考える意欲の湧くような魅力溢れる講義を行って頂きました。

株式会社華輪の皆様、誠に有難うございました。